ポチと押すとご利益があります。

太陽光発電 ブログランキングへ


カナディアンソーラーのパネルで施工された太陽光発電業所を見学しました。


パネルはカナディアンソーラー、パワコンは田淵電機5.5kW×9台、架台はL型ドブ付亜鉛メッキ加工のコンクリート基礎施工でした。


錆びにくいという説明でしたが若干錆がでてますが・・・


値段は1,500万(30万/1kW)を切るくらいで施工可能とのことです。


もっと安くするには、海外製(中国、韓国、台湾など)のパネルを選択すれば可能ですね。


50kw以下の小規模発電所は、近くに民家等の電気を使ってくれるところが少ないと売電が厳しくなります。


その発電所の周辺には民家が4軒と大き目の民間施設があるのですが、1日に6回程度も電圧抑制があるそうです。


長いときは30分以上も抑制がかかり停止していました。


せっかく発電しているのに抑制がかかってしまうのは避けたいものです。


やはり周辺の状況を見極めて検討する必要を感じました。


土地が安いからと言って、調査不足は要注意ですね。


ポチと押すとご利益があります。

太陽光発電 ブログランキングへ