ポチっと押すと発電します。

太陽光発電 ブログランキングへ

発電所のパワコンについて考えてみたいと思います。


パワコンとは太陽光パネルの出力を100Vの交流に交換する働きがあります。


例えば、交渉最大出力が255Wのパネルを24枚並べると、255W×24枚=6.12kWの発電量となります。


それに対してパワコンは定格出力5.5kWのスペックとなっています。


通常考えると、容量不足になっていると思いますよね。


しかし、実際は公証最大出力が6.12kWであり、公証はあくまで公証なので、実際出力は良くて7割、
瞬間的に8割程度出ることがある程度なのです。


なので、6.12kWの約90%の5.5Kwのパワコン出力を上回ることは年に数回程度あるかないかで、あったとしても一瞬であり、その場合、パワコンの容量に収まるはずなので心配ないと言えるでしょう。


また、50kW未満の発電所を作る場合は5.5kWのパワコン9台で49.5kW


太陽光パネルは255W×216枚=5.508kWとなる設置方法が良いと言うことになります。