太陽光&不動産投資実践副業日記

サラリーマンが不動産と太陽光発電で、さまざまな苦労を乗り越えていく様子をリアルタイムで更新していきます。

2013年09月

太陽光発電の代理店

ポチっと押すと発電します。

太陽光発電 ブログランキングへ

太陽光モジュールメーカーの代理店となってしまおうかと考えています。


副業で会社を立ち上げていますが、その会社で代理店になり、パネルが安く入るのでは?と思い、メーカーへ問い合わせしてみました。


どうやら、代理店になるのはそんなに難しいことはないようで、今年中に代理店契約できそうです。


そうなると、50kW以下のセットが1,000万円位で出来ちゃうなんて妄想しています。


ご希望がありましたら、仲間内でどこよりもお安く!なんて事も可能かもしれません。


ちなみに、架台工事、電気工事をするために必要な資格を持っていますので場所と材料さえあれば実現可能でしょう。


とりあえずチャレンジしてみます。

野立て太陽光発電システム

ポチっと押すと発電します。

太陽光発電 ブログランキングへ

野立てで太陽光発電をしようとすると、まず土地が必要となります。


 しかし、土地がない場合には購入しなければなりません。


700㎡の広さで200万円程度の物件を不動産屋に問い合わせる方が多いそうです。


なぜなら50kW以下の太陽光低圧連携系統を建てるには最低700~800㎡の広さが必要となってくるからです。


 対象となってくるのは、地目が畑や田となっている物件がほとんどですが、地目変更をかけて購入することができ、また価格も格安となります。


 しかし、実際に現地に行ってみると日当たりが悪かったり、整地するための費用が掛かったりするためなかなか良い物件はありません。


 かと言って土地を借りるとしても、銀行で太陽光ローンなどを使うおうとすると、土地の担保を入れてくださいと言われるため、土地なしで始めるのは難しいと思います。


 そもそも太陽光ローンの取り扱いをしたことのない銀行さんだと、的外れな資料の提出を求められ、もっと借入が大変です。


他にもイロイロな苦労を乗り越えないと太陽光発電の建設とはなりません。


なので、太陽光投資をしたいと考えて土地探しをされる方は多いのですが、実際購入し、建設されるのは少数の方なのかな?と思っています。

太陽光発電と増税

来年は増税になりそうですが、太陽光発電は増税になるとどうなるんでしょうか?


現在42円買取り価格の2円が税金分ですよね。


しかし、売上1,000未満の非課税事業者は消費税分は3年間免除されるのでそのまま42円の収入となります。


これが、増税して3%値上がりすると、43.2円となり1.2円も多く収入になりますね。

42円買取り認定取り消し

6月28日の日本経済新聞に


『経済産業省は28日、再生可能エネルギーのが固定価格買い取り制度について、


国からの発電計画の認定を受けた事業者がいつまでも発電をはじめない場合は


認定を取り消す方針であると明らかにした。


早めに認定を受けて有利な条件だけを確保し、


実際にはしばらく放置して建設費の値下がりを待つ事業者が相次いでいるため。(略)


認定を受けたら1年以内に稼働してもらうのが基本だ、


2年も3年も放置するなら取り消し対象になる。』


うーん、これから見えるのは実際取り消しするのはまだまだ先のような気がしますね。


しかし建設費の値下がりを待ってる業者っていないよね。


それより、42円固定買取価格の権利付土地の売買を狙った業者さんだと思うよね。


4.2円の固定買取価格差で20年間で462万円収益差がでるなら土地代金がタダになると考えればありですよね。

太陽光発電とパワコンとパネルのバランス関係

こんにちは


とうとう台風シーズンになってしまいましたね。


初めての強風に恐怖している方もいらっしゃるのではないでしょうか?


さいたまの竜巻により屋根の上の太陽光パネルが無残な姿でテレビに映った
のを見て人事ではないなと思いました。


さて、太陽光発電とパワコンとパネルのバランス関係について考えてみたいと思います。


電力会社との「電力受給契約申込書」には発電設備(パネル出力)とインバータ(パワコン出力)のどちらか小さい方を記載するようになっています。


10Kwパワコン5台ならば50Kwちょうどとなり、高圧連系となります。


しかし、パネルの出力を49.99Kw以下にすれば、低圧系統連系になります。



そこで、パワコン10Kwが4台でパネル14.4Kw×4=57.6Kwにセッティングして、40Kwの低圧系統連係にしてはどうでしょうか。


その結果、パワコンの金額が1台分削減できるし、パネルは多くなり発電量が増加するなんて発想どうでしょう。

太陽光パネルと発電量

太陽光発電に重要な点はやはり発電量ですよね。


よく言われていることが南向きに設置し、角度を30度にすることが良いとされていますね。


太陽が長く出ている夏の間が一番発電しているかと言うとそうとは限らないのですよ。


以外にも5月~7月が発電量が多いんですね。


やはり暑すぎると発電効率が落ちることが原因だと思われます。


20%~25%もロスするとも言われていますから、パネルやパワコンを冷却することができればこの無駄なロスを減少させることができるかもしれませんね。
ポチと押すと発電します。
ブログトピックス
livedoor 天気
J-CASTニュース
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
アクセスカウンター

    最新コメント
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    NAVERまとめ
    「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
    • ライブドアブログ