太陽光&不動産投資実践副業日記

サラリーマンが不動産と太陽光発電で、さまざまな苦労を乗り越えていく様子をリアルタイムで更新していきます。

太陽光パネルと変換効率の関係

変換効率とは、太陽光パネルが受けた光エネルギーの何パーセントを電力に変換することが出来きる値です。


太陽光パネルの性能は変換効率が高いものが良いとされ、設置する場合にもそこをチェックし重要視されていますね。


もちろん、同じ大きさで同じ価格のパネルなら変換効率が良いほうが欲しいと思いますよね。


しかし、よく考えると、例えば250kWのパネルなら発電効率が15%でも18%でも250kWを発電すると言うことです。


そうすると、発電効率とは小さな屋根や場所で小さなパネルでも効率よく発電しますよと言うことになります。


十分な広さがある土地や屋根であれば、変換効率の良い値段の高いパネル(お金持ちなら別ですが・・・)でなく安いパネルで十分と言えます。

太陽光発電と地目

ポチっと押すと発電します。

太陽光発電 ブログランキングへ

太陽光発電をするにあたって土地を持っていない人は用地を取得しなければなりません。


すると、まず田・畑が価格が安く候補にあがってくると思います。


不動産屋さんで購入するのであったとしても、農地転用と言う聞きなれない用語が出てきます。


農地転用とは農地から宅地や雑種地に地目を変更することです。


農地に住宅を建てたり、駐車場にする場合に必要な手続きですね。


もちろん太陽光発電をしようとすれば雑種地等に地目を変更しなければなりません。


(ソーラーシェアリングはまたの機会に・・・)


農地転用をし太陽光事業をする場合、借入の確実性や事業実施の確実性を農業委員会で審議してもらいOKが出れば原則事業をし実施しなければなりません。


もし、電力会社との連携に多額の費用がかかることが後から判明した場合のリスクなどがあることを理解しておかなければなりません。


まずは、市区町村の農業委員会に地番を言えば農業振興地域かどうかなど教えてくれますので問い合わせましょう。


農業振興地域となると県知事許可となり年に2,3回しか農地転用の申請ができません。


また、限りなく農地転用は難しいと思っていいですが、太陽光発電する方法はあります。
ポチと押すと発電します。
ブログトピックス
livedoor 天気
J-CASTニュース
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
アクセスカウンター

    最新コメント
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    NAVERまとめ
    「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
    • ライブドアブログ