太陽光&不動産投資実践副業日記

サラリーマンが不動産と太陽光発電で、さまざまな苦労を乗り越えていく様子をリアルタイムで更新していきます。

太陽光パネルと保証

ポチっと押すと発電します。

太陽光発電 ブログランキングへ

以前も太陽光パネルについて書きましたが、10kW以上の産業用発電所をしようとした場合いろいろ考えないといけません。


まず、多くのメーカーのHPを見ると、10年間以上の設備保証や出力保証をうたってますし、また施工店も独自で施工保証、自然災害保証など行っているところが多いですね。

しかし、10kW以上のシステムを設置するとメーカー保証の対象から除外じされる、または制限がつく場合が多くなります。

また、海外太陽光パネルメーカーの場合、保険が付いているから大丈夫と思いがちですが、日本支社がなくなった場合、海外の保険会社へ自分で請求しなければならない場合や、そもそも日本支社が無くなった時点で、保証が無くなると注意する必要があります。


契約前に施工店に必ず文章で保証をしてもらうことが重要となります。


口頭だけでは言ってないと言われると証明することがまず無理と思ってよいでしょう。


安い買い物でないのですが、大丈夫だろうが命取りですよ。

太陽光発電とパワコン

ポチっと押すと発電します。

太陽光発電 ブログランキングへ

発電所のパワコンについて考えてみたいと思います。


パワコンとは太陽光パネルの出力を100Vの交流に交換する働きがあります。


例えば、交渉最大出力が255Wのパネルを24枚並べると、255W×24枚=6.12kWの発電量となります。


それに対してパワコンは定格出力5.5kWのスペックとなっています。


通常考えると、容量不足になっていると思いますよね。


しかし、実際は公証最大出力が6.12kWであり、公証はあくまで公証なので、実際出力は良くて7割、
瞬間的に8割程度出ることがある程度なのです。


なので、6.12kWの約90%の5.5Kwのパワコン出力を上回ることは年に数回程度あるかないかで、あったとしても一瞬であり、その場合、パワコンの容量に収まるはずなので心配ないと言えるでしょう。


また、50kW未満の発電所を作る場合は5.5kWのパワコン9台で49.5kW


太陽光パネルは255W×216枚=5.508kWとなる設置方法が良いと言うことになります。
ポチと押すと発電します。
ブログトピックス
livedoor 天気
J-CASTニュース
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
アクセスカウンター

    最新コメント
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    NAVERまとめ
    「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
    • ライブドアブログ