太陽光&不動産投資実践副業日記

サラリーマンが不動産と太陽光発電で、さまざまな苦労を乗り越えていく様子をリアルタイムで更新していきます。

太陽光発電は日本政策金融公庫で融資!4

住宅用太陽光発電を屋根にのっけてしまう場合、ローンではなく全額キャッシュでのせるという人も結構いるのではないでしょうか?


しかし、50kW未満の産業用太陽光発電用になると金額が一桁違ってくるため全部をキャッシュでという人はまれですよね。


基本的に銀行等で借り入れをし、産業用太陽光発電設備を設置し、そこから売電収入をローンの返済に充て投下資本を回収する、となりますね。

多少頭金が必要になることも想定されますが、やはり固定金利が安心ですね。


長期のローンを変動金利で借りていた場合の、金利の上昇リスクも考慮すべきだと思います。


日本政策金融公庫は最長15年で特別金利で融資してもらえるのでオススメです。

ポチっと押すと発電します。


太陽光発電 ブログランキングへ

太陽光発電は日本政策金融公庫で融資!3

ポチっと押すと発電します。

太陽光発電 ブログランキングへ


現役サラリーマンが融資実行しようとすると、創業計画書を作成しなければなりません。


ネットで検索するとこのあたりの書き方はたくさん見つけることができます。


難しく考えなくても、太陽光の場合は発電シュミレーションなどがあるので計画が立てやすいです。


また、土地も農地では担保にとってもらえない可能性がありますが、雑種地に地目変更するので大丈夫ですね。


農地転用は融資の見込みが立たないと出来ないので、まずは融資を打診しましょう。


後は、サラリーマンの源泉徴収などの必要書類を提出すれば1か月程度で融資が可能となります。
ポチと押すと発電します。
ブログトピックス
livedoor 天気
J-CASTニュース
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
アクセスカウンター

    最新コメント
    livedoor画像検索ランキング
    本ブログパーツの提供を終了しました
    NAVERまとめ
    「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
    • ライブドアブログ